好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「嫌われる勇気」キャストが注目度高すぎてw

嫌われる勇気 香里菜



2013年に「嫌われる勇気」は発刊されそれから141万部を突破する大ベストセラーになった物語が原作となっているドラマです。

心理学者アドラーの理論をテーマとしたものですが、これを一体どうやってドラマ化するのかも気になりますが、ドラマを作っていく上で気になるのがキャストですよね。

原作から読んでいる人もいると思うで、原作から読んでいる人は、ドラマ化されたらどんなふうにドラマ化されるのか期待も大きいのではないでしょうか?

それでは「嫌われる勇気」のキャストを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

キャストが気になる「嫌われる勇気」あらすじは?

日常会話でもよく出てくる「トラウマ」他人からどう思われるかは、自分ではコントロールできない「他者の課題であり、自分の課題と他者との課題を切り離す「課題の分離」により対人関係の悩みから解き放たれる事を心理学者アドラーは説きました。

他者から嫌われる事を恐れない「嫌われる勇気」を持った時、人は初めて自分だけの人生を歩みはじめることができる。

これがアドラー心理学の本質です。

そんなアドラー心理学を体現する主人公・庵堂蘭子は独身、彼氏なしの警視庁刑事部捜査一課8係の刑事。

若干32歳にして数々の難事件を次々解決してきたエース。常に自分が信じる道を行き、時には上司や捜査本部の方針に反することもあるが、悪い事と思わず周りの評価も気にしない。

自己中だと言われても全くひるまない「アドラー女子」そんな庵堂蘭子が仲間とともに人間として一人の女性として成長していく物語です。

「嫌われる勇気」キャスト、香里奈

主人公、庵堂蘭子は香里奈さんが演じます。

約5年ぶりの連続ドラマでの主演を務めることになりました。

久しぶりの香里奈さんの主演ドラマということで、香里奈さんの演技にも、このドラマにも注目が集まっているようです。香里奈さんはとても明るくてポジティブなイメージがあるので、とても好きな女優さんの一人ですね^^

蘭子は警視庁刑事部捜査一課8係の女刑事で、独身で彼氏なし。

組織に馴染まない一匹狼の蘭子は周りからの評価は一切気にせず、自分が信じる道を行くのです。

大学のころからアドラーの心理学の本をバイブルにしている。

人から嫌われることを恐れない“アドラー女子”ある意味ではカッコイイ生き方だけど、ある意味では不器用…?

な生き方かもしれませんね。果たしてこの生き方が警視庁の中でどのような影響が出てくるのか気になりますね。

「嫌われる勇気」キャスト、加藤シゲアキ(NEWS)

捜査一課に異動してきて早々に蘭子とコンビを組むことになった刑事、青山年雄を演じるのはNEWSの加藤シゲアキさんです。

他人からの評価をいつも気にしている蘭子とは真逆の「嫌われたくない男」蘭子に振り回され蘭子に苦手になりながらも蘭子の行動から「アドラー心理学」を読んで成長していくという役です。

蘭子に振り回され、青山も周りを気にしない“アドラー男子”になっていくのか。

その過程が楽しみですね。加藤シゲアキさんも知ってる限りではドラマで見るのは久しぶりな気がするので、注目されているのではないでしょうか?

どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね~。

「嫌われる勇気」キャスト、椎名桔平

大文字哲人の役は椎名桔平さんが演じます。帝都大学文学部心理学科の教授で「犯罪心理学」を専門としています。

蘭子が大学2年の時「アドラーの心理学」の本を夢中で読んでいる蘭子に興味を持ち、自分のゼミに誘いました。

蘭子を理解できない青山に「アドラーの心理学」がとういうものかを教えていきます。

大学時代から蘭子の事をよく知っている重要な人物ですね。

まだこれしか分かっていませんがどんな内面を持った人物なのかも気になりますね。

スポンサーリンク

「嫌われる勇気」キャスト他には?

今のところ主要キャスト三人のみしか出ていませんでした。

もう撮影は始まっていると思うので、他のキャストも決まっているかと思うのですが…。

他のキャストも分かり次第追記していきます。

キャストが分かった「嫌われる勇気」見どころは?

「嫌われる勇気」タイトルもですが、やはり香里奈さんが久しぶりにドラマで主演をするという事で、注目が集まり期待もされていますね。

原作から読んでいる人をドラマ化したことで納得させるのは難しいと言われていますが、香里奈さん主演なら問題なくドラマも受け入れられるのではないでしょうか?

原作見ても香里奈さんにバッチリ合っていると思うんです!

そして、「嫌われる勇気」こんな気持ちがあったらもっと楽に生きていけるのかななんて、主人公・庵堂蘭子を見ててそんな事を考えてしまいました。

人間誰からも嫌われずに上手に生きたいと思うものですが、自分のやりたいこともしたいというのが人間ですよね。

そんな器用な事ってなかなか難しいですが、そうしたいのが多くの人間の気持ちではあるんですよね。

しかし自分のしたいように生きて周りから嫌われてしまうことほど怖いものはないですよね。

仕事をしている以上、生きていく以上、何かしらの組織に入っていて縛られて生きていく事が普通ですが、蘭子は組織にはいても、周りに評価など気にせず自分の決めた道を行く。

ある意味、こんなカッコイイ生き方、私も真似したくても出来ないですね。

そしてそれに巻き込まれていく刑事の青山。彼も最初は「嫌われたくない男」でしたが、次第に蘭子の「アドラーの心理学」を知っていく中で、その生き方などからじぶんも成長していくんですね。

庵堂蘭子のような生き方はドラマを見ていたらとても憧れを抱いてしまうところもありますね。

警視庁という組織の中で蘭子がどのような活躍をし私たちにどんな事を訴えてくるのか、青山は蘭子とともに行動をしていく中で“アドラー男子”に成長していくのか今から注目していきたいですね~。

蘭子と一緒に組織の中での行動や生き方について考えながら見るドラマになると思います。

週に一回、元気に警視庁の中で暴れてスッキリ爽快な気分になれそうなドラマですよね。

香里奈さん主演の「嫌われる勇気」は2017年1月放送予定です。
スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player