好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「奪い愛、冬」出演者を調べてみた‼

奪い愛



「奪い愛、冬」出演者が誰か気になりますね~。

主人公の池内光や奥川康太。

そして、元彼役とか、元彼の妻役や康太の母親役とか…気になるものだらけですね。

今回は気になって仕方がない出演者について調べてみました。

スポンサーリンク


 

出演者が気になる「奪い愛、冬」あらすじは?

 

出演者が気に池内光(倉科カナ)には婚約者がいました。

 

奥川康太(三浦翔平)はとても優しく光の事を心から愛してくれます。

 

しかし光の前に”かつて死ぬほど愛した元彼”が既婚者になって現れてしまいます。光はいけないこととわかりつつも元彼に心が惹かれていってしまうのです。

 

同じ会社に勤める婚約者の康太はその存在に気付き嫉妬から人が変わってしまいます。

 

康太からの嫉妬、元彼の妻からの嫉妬、康太に想いを寄せる同僚からの嫉妬、度重なる康太の母からの横やり、嫉妬が渦巻くドロドロした世界観、なのにキュンキュンする。

 

男女の感情は時として理屈では計り知れないのかもしれませんね。

 

「奪い愛、冬」の出演者は、池内光

h4lajnxw_1431079938
主人公池内光を演じるのは倉科カナさんです。

 

「カインとアベル」でヒロイン役やっていましたが、今回は「奪い愛、冬」で主人公を演じます。

 

デザイン会社で働く女性で父は幼い頃に病死し、母親に女手一つで育てられた。

 

同じ会社で付き合っている、同じ年だけど後輩の奥川康太にプロポーズされ、婚約することになります。

 

ところがある日、かつて死ぬほど愛していたにもかかわらず、突然姿を消してしまったも元彼と再会します。

 

自制しようという気持ちとは裏腹に、今まは妻帯者である元彼への愛が再燃し、彼を求めていってしまいます。

スポンサーリンク


 

「奪い愛、冬」の出演者は、奥川康太

2
奥川康太を演じるのは、三浦翔平さんです。

 

光の婚約者で同じデザイン会社に勤務。別会社を経営している母親に溺愛されている。

 

裕福な家庭で大事に育てらてきたからか、優柔不断の癒し系。光との婚約の意志も、母親の猛反対にも決して揺るがない。

 

だが、光の心は元彼へと吸い寄せられていくことになり、光の心が離れていくことに気づいた康太は光への愛の嫉妬が強まり、どんどん嫌な自分になっていく…。

「奪い愛、冬」他の登場人物、元カレの妻、奥川の母親。そして光の元彼などの配役はまだ決まっていないようです。

 

これらは情報が入り次第追記していきますので、決まるまでもう少しお待ちください。

 

出演者分かった「奪い愛、冬」見どころは?

 

「奪い愛、冬」は「カインとアベル」でヒロインを演じた倉科カナさん。

 

「好きな人がいること」で憧れの後輩役で出演しています。

 

この二つのドラマに出演したメインキャストを主役の二人に置きました。

 

そしてこのドラマは不倫のようなじっとりとしたドロドロ不倫ドラマではありません。

 

ドロドロしているけど、きゅんとするノンストップ恋愛ドラマだそうです。

 

光の心はどこへ行くのか注目ですね。そして脚本を手掛けるのは鈴木おさむさんなので、このことでも話題となっていますね。

 

「奪い愛、冬」タイトルからしてインパクトがあるこのドラマ、放送が待ちきれないですね。

スポンサーリンク

⇒「奪い愛、冬」三浦翔平の衣装を発見!!
⇒「奪い愛、冬」倉科カナの衣装を発見w
⇒「奪い愛、冬」エキストラを調べてみた!
⇒「奪い愛、冬」挿入歌がこんなw
⇒「奪い愛、冬」原作結末を調べてみた‼
⇒「奪い愛、冬」ロケ地を調べてみたら…いたw
⇒「奪い愛、冬」視聴率を調べてみたらこんなw


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player