好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「A LIFE~愛しき人」脚本を調べてみたら、こんなw



「A LIFE~愛しき人」木村拓哉さん主演というだけあって、話題にもなっているのではないでしょうか?

そんな「A LIFE~愛しき人」の脚本って誰が作っているとか気になりませんか?今回は「A LIFE~愛しき人」の脚本についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク


 

脚本が気になる「A LIFE~愛しき人」あらすじは?

 

 

外科医・沖田一光(かずあき)(木村拓哉)は、医師になりたての頃、親友の意図によって病院を去ることになりました。

 

恋人とも離れ単身アメリカへと渡った一光は、技術と経験を積み、そしてたくさんの知識を得てきました。

 

そんな中、元恋人・壇上深冬(竹内結子)の父であり恩師でもある、檀上記念病院院長・壇上虎之介の命を救うために帰国します。

 

この10年の間に、深冬は一光の親友と結婚していました。

 

その親友こそ、10年前に一光を病院から追い出した本人だったのです。

 

一光はそんなことを知ることもなく、医師として恩師の命を救いたい、かけがえのない人生を守りたいという想いで病院で働くことになります。

 

だが彼を待ち受けていたのは、クセのある医師や看護師たちでした。嫉妬や欲望。プライドが渦巻く病院で、元恋人や親友とも関わっていくことになります…。

 

ドロドロしてそうな匂いもしますが、どんな展開になっていくのか楽しみですね~。

 

脚本が気になる「A LIFE~愛しき人」担当は?

 

「A LIFE~愛しき人」の脚本は原作がないので、脚本から作っていくようです。

 

最近のドラマはコミックや小説から作っていくことが多い中、完全オリジナルドラマということで、ネタバレもないので毎回毎回見るのが楽しみになってきますよね^^

 

「A LIFE~愛しき人」の脚本を手掛けるのは橋部敦子という人だそうです。

 

橋部さんってどんな人なのか調べてみました。

hashi
 

(写真左)

名前:橋部敦子

 

日本のシナリオライターです。橋部さんはこの作品以外にも有名な作品を数多く手掛けてきました。

 

「救命病棟24時」「ナースのお仕事シリーズ」

草彅剛さんが出演していた、「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」

「僕のいた時間」長瀬智也さんが出演していた「フラジャイル」など多くの有名作品があります。

 

SMAPの草彅剛さんも出演していた脚本を担当されていたんですから、どんな脚本が作られていくのか楽しみですね~。

スポンサーリンク


 

脚本担当分かった「A LIFE~愛しき人」反響は?

 

「A LIFE~愛しき人」の脚本担当が橋部敦子さんということで、これを知った人たちの反応どういった感じか調べてみました。

 

橋部さんのことを知ってる人は結構多いようで、ネットでも話題になっているようです。

 

「僕シリーズ3部作」を手掛けているだけあって、とても有名なようですね。

 

脚本への期待も高まっているようです。

 

橋部さんが脚本を手掛けるのでそれをとても楽しみにされている人はとても多く、ツイッターでも話題になっていますね。

 

私もこの作品を知った時、脚本が橋部さんと聞いたときはとてもテンションがあがりました!

 

どんな作品になるのか気になりますよね~。

 

原作なしの脚本から作られていくので、次回の展開も読めないですから余計に楽しみが増しますね~。

 

橋部さんが手掛ける「A LIFE~愛しき人」放送まで待ちきれませんね~。

 

 

「A LIFE~愛しき人」見どころは?

 

「A LIFE~愛しき人」面白くなりそうですね。

 

過去の恋人がまさか結婚してると思わず、恩師を助けるために帰国し、そこから木村拓哉さんと元恋人と親友の人間関係がどのように関わっていくのか、恩師を助けることが出来るのか気になりますよね~。

 

ここが見どころではないでしょうか?

 

他の医師や看護師との関りもどうなるのか気になりますが、やっぱりこの三人の中でドロドロしたところや切ない部分はあるのでしょうか?いろんな思いが交錯する中、三人はどんな方向に向かっていくのか楽しみですね~。
スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player