「奪い愛、冬」視聴率がこんなw


愛と嫉妬に舞う「奪い愛、冬」このドラマで主人公、池内光は婚約者がいるのに目の前に現れた元恋人に心惹かれていくという役をします。

婚約者や彼氏がいて、前付き合ってた人が現れて心惹かれるっていうパターンは日常生活の中でもありそうな話で、思わず見入ってしまいませんか?

現実ではタブーとされている切ない恋心の世界を作れるのがドラマのいいところでもありますね。

そしてドラマを見ていれば気になるのが視聴率です。

物語の内容からしても視聴率取れるのではないかと思います。

今回はこのドラマの視聴率を見ていこうと思います。


スポンサーリンク

視聴率が気になる「奪い愛、冬」あらすじは?

 

池内光(倉科カナ)には婚約者がいました。奥川康太(三浦翔平)はとても優しく光の事を心から愛してくれます。

しかし光の前に”かつて死ぬほど愛した元彼”既婚者になって現れてしまいます。

光はいけないこととわかりつつも元彼に心が惹かれていってしまうのです。

 

同じ会社に勤める婚約者の康太はその存在に気付き嫉妬から人が変わってしまいます。

ここから三角関係が始まっていくんですね~。

康太からの嫉妬、元彼の妻からの嫉妬、康太に想いを寄せる同僚からの嫉妬、度重なる康太の母からの横やり、嫉妬が渦巻くドロドロした世界観、なのにキュンキュンする。

そんなドラマです。

男女の感情は計り知れないけど、実際にありそうな話ですよね。嫉妬にかられた康太がどのような嫌な自分になっていくのか、気になるところですね。

この物語は不倫ドラマではないそうです。確かにいけない恋だけど、スピーディーに進んでいくラブストーリーとなっています。

ドラマの中だからこそ描ける恋の物語。 3人の感情や心の行方はどこへ向かっていくのか…。

物語の展開が気になる「奪い愛、冬」早く放送始まってほしいですね。

 

視聴率が気になる「奪い愛、冬」視聴率予想は?

 

婚約者がいて、元彼が出てきて、主人公の池内光は元彼に心惹かれていく…。

なんでしょうね。

別れてからその人のよさや大切な部分見えてきて、別れなければよかったなんて思うことはありますが、婚約しているのに、目の前に現れた元彼に心惹かれていくのはマズいでしょう。

恋愛をするうえで、結婚を控えているのにこのお話はドラマの中だからいいものの、現実にあったら問題ですよね。

それも同じ会社に池内の婚約者と元彼がいるって、ドラマ上の設定ですから偶然過ぎますけど…

現実でこんなことがあったら怖いですよね…。

 

元彼の配置換えも、個人的な理由では出来ませんから、一体この嫉妬はどこへ向かっていくのか気になりますね。

ドロドロもしているけど、恋愛模様みたいなものもあるので、キュンキュンもするんですね~。

この三人はどんな展開をドラマも中で見せてくれるのか楽しみですね~。

そして視聴率ですが、まだ出ていないので、どうなるか分かりません。

ですが、主人公に倉科カナさん、三浦翔平さんをキャスティングしているのでヒットすると思いたいです。

まだ元彼役が誰なのか分かっていませんが、この元彼が誰かによっては、もっとドラマが注目されて、視聴率も上がっていくのではないかと思います。

こっちが予想だにしない人をキャスティングしてくる可能性もあるので、元彼役も誰になるのか…早く決まってほしいですね。


スポンサーリンク

☆追加です

光(倉科カナ)の元彼役が発表になりました!!あの、あの大谷亮平さんです。

ナイスキャスティングですよね。大谷亮平さんと言えば、ネクストブレイク間違いなしの、今話題の俳優さんです。

以前海外で活躍していて、逆輸入的に人気者になっているディーンフジオカさん。胸キュン女子続出ですよね。そのディーンさんに続くのが大谷亮平さんです。

『逃げ恥』で平匡さんの同僚役で出てましたよね。きっと、この人素敵だけど誰??っと思った方多いのではないでしょうか?

その一人が私です。あの大人の男の魅力。でも石田ゆり子さんからは年下男子と扱われるギャップが最高でした。大谷さんってどんな方なんでしょうか?

1980年生れの36歳。2003年に韓国のダンキンドーナツのCMに出演したことで、韓国での人気が出たそうです。当時は韓国語もしゃべれないのに韓国で人気が出てしまったようで、必死で勉強したようです。今では韓国で名前を知らない人がいないほどの人気です。

日本では、月9の『ラブソング』の出演からじわりじわりと人気が出てきています。

高校時代はバレーボールを本気で取り組まれていたようで、大阪府の選抜のキャプテンをされていたこともあるそうです。

新しいファンにとって気になるのが、結婚されているか、お子さんがいるかどうか・・・・・。

独身だそうです。何故この心配を気にするのかは、やはりディーンさんの影響ですよね。

みんなが『素敵な俳優さん見つけた!!』と思ってディーンさんに釘付けになっていたら、なんとご結婚されていて、双子のお子さんがいたんですよね。先日3人目のお子さんのお話も報道されて言いました。

そんな過去があったので、今回は早めに確認したくなりました。

写真によっては、竹ノ内豊さんに似てますよね。あの少しある髭が何とも色っぽく、男らしさを醸し出している気がします。

可愛い顔の三浦翔平さんと大人の魅力を持った大谷亮平さんの間で揺れる倉科さん。うらやましい・・・。

「奪い愛、冬」視聴率は?

 

実際に元彼も結婚していて、池内は元カレに心惹かれ、婚約者の奥川も嫉妬を出してくる三角関係。

ドロドロトライアングルがありながらも、いけないことだと分かっていても、禁断の恋に手を出そうとしている…。

かなりドロドロしているドラマであることは間違いないと思います。

 

そして気になるのは、キスシーンなどがあるのかないのか。

確実にありそうな気はしますね。

なかったら逆にこれ、本当に恋愛系のドラマか?って疑ってしまいそうな気がします(^^;

 

三角関係のままで終わるのか、完全に元彼の方に行ってしまうのか…展開が気になってしまって、ドラマが始まっても次の話が毎回気になって寝れなくなりそう(笑)

そして「奪い愛、冬」の視聴率ですが、初回は2桁いくのではないでしょうか?

カインとアベルに続き、今度は「奪い愛、冬」に倉科カナさんが出演しているんですから、視聴率がとっていけると思いたいですね~。

後は、元彼役が誰かさえ分かれば、何となく視聴率も分かってくるんですけど、倉科さんと三浦さんをキャスティングしたってことは、結構脚本にも自信があるってことだと思います。

脚本はあの鈴木おさむさんが手掛けます。鈴木おさむさんはドラマ以外にもバラエティー番組も手掛けている超有名な人ですから、知らない人はいないと思います。

そういう意味でもこのドラマはヒットすると思うんです。

豪華キャストとそして鈴木さんの事ですから、こちらが予想にしない展開を用意して視聴率を取りに来ると思うので今から楽しみですね~(^^)


スポンサーリンク

視聴率が気になる「奪い愛、冬」見どころは?

 

「奪い愛、冬」の見どころと言ったら、池内と奥川、そして池内の元彼の三角関係とそれを取り巻く人間関係でしょう。

元彼は既に結婚しているようなので、池内が元彼に心惹かれていってるのは、世の中でいうところの不倫という形になりかねない一歩手前というところでしょうか?

嫉妬の渦の中で、一人の女性の愛を二人の男が奪い合うという感じでしょうか?

 

ドラマタイトルの「奪い愛」だけに、そんなふうにも取れますね。ドロドロした中にもキュンとなる恋愛模様も出てくるのでしょうか?

ドラマの世界だから、禁断の恋を描くものって見るほうもくすぐられるものや、期待するシーンなどのあるかと思います。

そして脚本が鈴木おさむさんというだけに、「奪い愛、冬」どんなドラマになっていくのか楽しみですね~。

脚本が誰もが知っている人が書いているってだけで、それが見どころとなって注目するところにもなると思うんですね。

ドラマ「奪い愛、冬」は2017年1月から放送予定です。

 

☆追加です☆

初回放送日は、1月20日です。

追加のキャスト陣が発表になりましたよね。

光の元彼の森山信役を、大谷亮平さん。信の妻役を水野美紀さん。

康太の母で、料理研究家の奥川美佐役を榊原郁恵さん。光に意地悪する役だそうです。

いつもにっこり笑顔の素敵な郁恵さんが意地悪な母役だなんて驚きですよね。

光の母役、池内麻紀役をキムラ緑子さん。娘の幸せを一番に願う母だそうです。

こんな魅力的なキャスト陣に、鈴木おさむさんの脚本だなんて、見ないわけに絶対行かないですよね。幸せいっぱいのご家庭をお持ちの鈴木さんがどんなドロドロドラマを描かれるのかも楽しみで仕方がありません。

 「奪い愛、冬」AAAの主題歌「MAGIC」発見♪見てみても面白いと思います(^^)v↓↓

⇒「奪い愛、冬」AAAの主題歌「MAGIC」を見る

「奪い愛、冬」や、見逃したドラマが今無料で見られます♪

しかも公式だからすごくきれいです!

↓↓「キャストが気になるからちょっと見てみたかった…」というドラマも意外にはまるかも?(o^―^o)↓↓

気になったらクリックしてみてください(^▽^)/
⇒「奪い愛、冬」や他のドラマの動画を見る
主題歌のリンク付ける

ドラマの2~3話あたりで、確実に大谷亮平さんフィーバーが来るでしょう。視聴率の伸びもどんどん良くなっていくんではないでしょうか?

光と康太の白い衣装の写真と信と蘭の黒の衣装の写真。これがどんな結末を迎えるのか。全く想像つきません!!

 

何を幸せというのか。誰といるのが幸せなのか。鈴木さんのオリジナルなだけに今後の展開を要チェックですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です