好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「カインとアベル」4話視聴率がこんな…w



山田涼介さん主演「カインとアベル」4話は、11月7日(月)夜9時から放送です!!

いよいよ待ちに待った4話が始まりますね!!

 

失踪した兄、隆一の行方、梓が言っていた「二度と立ち直れないかもしれない」という言葉の意味は??

100億円という大金の資金繰りに失敗して失踪したのでしょうか!?

それとも、本当は違う理由があって行方をくらましているのか…。 いったい隆一はどこに消えてしまったのでしょうか!?

 

会長の宗一郎役の平幹二郎さんが亡くなったことで、寺尾聰さんが代役に決定しました。

4話からいよいよ登場することになりました!!

 

スポンサーリンク

視聴率4話が気になる「カインとアベル」あらすじは?

 

視聴率が気になりますが、まずはあらすじから見ていきましょう!!

 

高田優(山田涼介)は、兄・隆一(桐谷健太)が出社していないことをプロジェクトルームで団衛(木下ほうか)から知らされる。

すぐさま隆一の携帯に電話をかける優だが、留守電になってしまう。優が矢作梓(倉科カナ)に昨夜の様子を聞いた。

すると梓は、隆一は戻ってこないかもと言う。梓によると、隆一はかなり酒を飲んで部屋に来たのだが、何も話さずに帰ってしまったのだそう。

様子のおかしい隆一には、優も心当たりがあった。隆一は、幼い頃に父の貴行(高嶋政伸)からもらった大事な万年筆を優に譲っていたのだ。

その頃、社長室では貴行が隆一の行方が知れぬことを隠して役員会を乗り切っていた。

役員会が終わると、会長の宗一郎(寺尾聰)が来た。隆一の役員会欠席を心配する宗一郎だが、貴行は問題ないと答える。

だが、宗一郎は隆一のように完璧に見える人間の方が脆いのではないかと貴行に問う。 それでも、貴行は隆一を信頼しきった様子だった。

家に帰った優は、隆一の部屋で行方の手がかりを探すのだが、何も見つからない。しかし、隆一から譲られた万年筆を見つめていた優は、あることに思い当たる。

翌日、優は梓に隆一のいどころに心当たりがあることを伝えた。すると、梓は一緒に連れて行ってほしいと言う。2人はその夜、高田家の別荘へ向かった

一方、高田家では桃子(南果歩)がフィアンセに会ってほしいと貴行に頼んでいた。 桃子の結婚に反対する貴行は頑なに断るが…。

動画予告もどうぞ!!



スポンサーリンク

4話が気になる「カインとアベル」今までの視聴率は?

 

「Hey!Say!JUMP」山田涼介さん主演のフジテレビ系連続ドラマ「カインとアベル」(月曜・後9時)

初回視聴率は、8.8%でした!!

ジャニーズの山田涼介さんが主演なので、初回はもう少し行くかと思いましたが、そうでもありませんでしたねw

 

第2話の視聴率は、8.6%でした!!

イヤミ部長で有名になった木下ほうかさんも出演していますね。

しかし、視聴率は初回よりダウンしてしまいました…。

 

第3話の視聴率は、6.9と同ドラマ最低の数字となってしまいました…。

初回の8.8%から1.9ポイント、第2話の8.6%から1.7ポイントの大幅ダウンとなりました。

 

回を追うごとに視聴率は下がっています。

4話の視聴率はどうなってしまうのか!? 少しは持ち直してほしいところですね!!

「カインとアベル」視聴率4話は?

「カインとアベル」4話の視聴率がわかり次第、更新いたします。

スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player