好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「校閲ガール」視聴率5話がこんな…w


「校閲ガール」視聴率5話がこんな…w
「校閲ガール」とんとん拍子で進んでいきますね。打ち切り説もなんのそのという感じで、悦子の仕事ぶりから目が離せなくなってきましたね~。

そんな「校閲ガール」視聴率気になりませんか?それではさっそく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

「視聴率5話が気になる「校閲ガール」あらすじは?」

視聴率のを見る前にせっかくなので、あらすじをさらっと見ておきましょう。

ファッション誌の編集者になりたくて、出版社に入社した悦子。

しかし悦子が配属された先は校閲部という超地味な部署でした。

校閲部はファッション誌の編集者とは違い、原稿や文書などの間違いなどを直し正す部署のことでした。

悦子がここに配属された理由は名前が似ているからという理由からでした。

悦子は校閲部でも派手な服に身を包み仕事をこなしていきます。悦子はここで仕事を始めていくうちに仕事の面白さに気づき始めます。

「この仕事…地味だけどすごいかも…いやいや、私がやりたいのはファッション誌の編集者ですから…!!」

悦子はファッション誌の編集者になれるのか。仕事にそして恋に奮闘していく物語です。

5話が気になる「校閲ガール」今までの視聴率は?

それでは今までの視聴率を見ていきましょう。
初回12.9%2話 11.2%3話  12.8%4話 11.2%という感じになっていますね。

4話までしっかり視聴率が取れているのを見ると、5話ももしかしたらいい視聴率を取るのではないでしょうか。

打ち切り説があちらこちらで浮上している中で、この視聴率が最終回までキープできれば、打ち切り説も「校閲ガール」の勢いで吹っ飛ばすことが出来そうな気がしますね。

しかし、ずっと視聴率を2桁キープしているドラマも最近見かけたことなかったような気がします。

やはり石原さとみさんが主演というのが強みなのでしょうか?

私はそう感じていますが、どのように思いますか?続いて5話の視聴率を見ていきたいと思います。

「「校閲ガール」視聴率5話は?」

それでは5話の視聴率ですが、ここからは予想になります。

個人的な予想でいけば、5話もまだ2桁代をキープできるのではないかと予想しています。

おそらく10%代はまだいけるのではないかと思います。

いろんな理由から打ち切り説が流れたり噂されている中で、しっかり視聴率が取れているので、なんだかんだ言っても好評なドラマなんだな。支持されているんだなと見ています。

このまま10%代がキープできれば石原さとみさんの代表作になりそうな気もしますね。

今後視聴率がどうなるかは分かりませんがこれだけ支持されているドラマが視聴率が低迷して本当に打ち切りになんてなったら残念ですので、私たちも毎週ドラマをみて応援していきましょう!
スポンサーリンク

「視聴率5話が気になる「校閲ガール」見どころは?」

「校閲ガール」見どころはというと、悦子が恋に仕事に奮闘していくところを描いているところではないでしょうか?

毎週見るたびに仕事を惰性でしているように感じてしまうところがある人が見たとき、このドラマは今やっている仕事をどうして始めたのかという初心に立ち返って仕事の面白さやすごさに気づかせてくれるそんなドラマだと思っています。

「校閲ガール」、面白いだけでなく仕事に対する気持ちをもう一回見直させてくれるドラマというのが見どころだと思います。
スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player