好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「そして誰も」犯人7話は?



そして誰もいなくなった」7話でもまたたくさん動きがあり、

誰が犯人か、ということが難しくなってきますね。

そして誰も犯人7話は?話をもとに考えてみました!

スポンサーリンク

犯人7話が気になる「そして誰も」概要は?

「そして、誰もいなくなった」は、

藤原竜也演じる主人公の藤堂新一が何者かに人生を乗っ取られるサスペンスです。

 

元小説「そして誰もいなくなった」で、1939年に刊行された、

かの有名なアガサ・クリスティの書いたベストセラーですね。

 

「そして誰もいなくなった」原作は、

孤島から出られなくなった10人が1人ずつ殺されていく

というクローズド・サークルの代表的作品であるとともに、

「童謡殺人」(見立て殺人。ストーリーのある殺人)の代表的作品でもあります。

 

ドラマ「そして、誰もいなくなった」では、

マイナンバー制度、システムをめぐり

 

「藤堂新一」という

名前、クレジットカード、個人情報すべて乗っ取られて使えなくなり…

という恐ろしい展開が起こっていっています。

 

 

新一は自分以外みんな敵だということを、

何者かによって思い知らされ、

パーソナルナンバーがない同士の4人として集められます。

 

新一含むその4人は

「世界を孤独に。君たちはこれから七つの罪を犯す。」

の計画を遂行するように言われ、

 

なぜか自主的に計画を進めていっています。

スポンサーリンク

「そして誰も」犯人7話は?ヒント?

なんと「そして、誰もいなくなった」のプロデューサーが

ニュースでヒントを出しています。

 

終盤のキーパーソンについて、

ずばり、小山内(玉山鉄二)、日下、上司の田嶋(ヒロミ)、万紀子です。

最終回では、残っている登場人物の中からさらに3人いなくなります。

まさかの主人公がいなくなる可能性も…

犯人が分かれば、見返すと全ての謎に答えが出ます

 

アガサクリスティ原作ですし、

結局はみんなが犯人かもと思っていましたが、、

 

犯人が分かれば、見返すと全ての謎に答えが出ます

ということは、

「犯人」は

みんなではないということですね。

 

今残っているのは

小山内、万紀子、日下、上司の田島(ヒロミ)の4人と、

刑事、早苗、新一、川ノ瀬ですね。

 

死んだり、今行方不明なのは

ヘルパーの弥生、五木、馬場、砂央里、はるか、斎藤、弁護士です。

 

斎藤も冷凍されて本当に死んだことが分かった今、

残っていると確定している人から

犯人を考えた方がよさそうな気がします。

 

私なりに犯人としてありそうな人を挙げてみたいと思います。

 

「そして誰も」犯人7話は?日下と田嶋?

日下が、

最後に

「兄さん頼んだよ…」と言っていましたね。

 

 

私としては、

小山内と日下が実は兄弟で、

実の親が万紀子と田嶋

では?と思っています。

 

そのことは小山内は知らない設定。

 

日下は、

弁護士に、兄さんに今回の計画をリークさせることで、

止めさせる。

だから小山内である兄さんに「頼んだよ…」とつぶやいている。

 藤原竜也さんの時計と、「家売るオンナ」庭野くんの時計ブランドが

同じ!それほど人気なのか!!(^▽^)/

 ⇒藤原竜也(藤堂新一)の腕時計を見る

 

「そして誰も」犯人7話は?日下?

違う親の元で育った日下は、

飛び出してバーテンダーをしているときに、

万紀子のもとであたたかく育った

新一がミスイレイズなど個人情報にかかわっていることを

感じ取り、

万紀子や田嶋をおどして動かしているのでは?

 

しかも、万紀子や田嶋でさえ、

今の日下の顔は知らない。

 

小山内は個人情報にかかわっているし、

新一と親しいので、

またおどしている。

 

自分が愛情に飢えているからこそ、

新一や砂央里のことも自分の痛みが分かるからこそ

抱きしめたんじゃないかな~と思います。

 

ならなんで犯人やているんだという感じはありますが(;^_^A
 最近藤原竜也不足のあなたへ…

ロミオとジュリエットの舞台や、岡田将生との「ST」ドラマが今無料です!
⇒藤原竜也の舞台や映画を無料で見る

「そして誰も」犯人7話は?まとめ

7話の時点での犯人予想、

どうだったでしょうか?
⇒「そして、誰もいなくなった」伊野尾キスシーン結果、反響は?

⇒「そして、誰もいなくなった」ネタバレ7話は?
恨み系はやはり親の愛情不足というのが

多い気がして、

考えてみました。

スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player