好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「そして誰も」ネタバレ5話は?


序文

スポンサーリンク

ネタバレ5話が気になる「そして誰も」概要は?

「そして、誰もいなくなった」は、

藤原竜也演じる主人公の藤堂新一が何者かに人生を乗っ取られるサスペンスです。

 

元小説「そして誰もいなくなった」で、1939年に刊行された、

かの有名なアガサ・クリスティの書いたベストセラーですね。

 

「そして誰もいなくなった」原作は、

孤島から出られなくなった10人が1人ずつ殺されていくというクローズド・サークルの代表的作品であるとともに、

「童謡殺人」(見立て殺人)の代表的作品でもあります。

 

全世界で1億部以上を売り上げ、

その評価はアガサ・クリスティ作品中でも特に高く代表作に挙げられます。

 

ドラマ「そして、誰もいなくなった」では、

マイナンバー制度、システムをめぐり「藤堂新一」という

名前、クレジットカード、個人情報すべて乗っ取られて使えなくなり…

という恐ろしい展開が起こっていっています。

 

さて、5話のネタバレを見ていきましょう!

 

「そして誰も」ネタバレ5話は?日下?

4話で、友達の斎藤を正当防衛で刺してしまった

藤堂真一ですが、

結局日下に話を聞いてもらい、

出頭すると決意しました。

 

気になる日下のパーソナルナンバーがないという理由ですが、

本当かどうかはわかりませんが、

お金がなくて売ってしまったということでした。

 

パーソナルナンバーがなくて過去もない方が楽、と言っていました。

日下瑛治という名前は自分でつけたそうで、

藤堂真一の新しい名前を探そうと明るめに提案していました。

 

真一は少し考えては見るものの、

やっぱり藤堂真一が気に入っていると言っていました。

 

「そして誰も」ネタバレ5話は?ゲーム?

真一が出頭する、と日下の家で言って台所に立ちあがった瞬間、

煙が出て、

催眠ガスが入っていたのでしょう。

真一は気絶しました。

起きたら、壁一面真っ白の一室、真ん中にベッドがあり、

壁には数字を押せるキーがありました。

謎の女が座っていました。

 

「君は誰?」と真一は聴いてみるのですが、

女は何もわからないのか隠しているのかわかりませんが、

けだるげにして、あんまり多くを話しません。

 

女が歩くと、服に髪が挟まっていました。

 

紙には

「仲間外れはどれ?」と言って数字が書いてありました。

 

迷いつつ、数字が得意な真一はどんどん問題を解いていきます。

 

最後の部屋となった1室には、1~6まで数字が書いてあるスピーカーが転がっていました。

 

仲間はずれをまた探すようです。

 

スピーカーからは、

真一のかかわる人が誰かと電話をする様子が聞こえてきます。

 

5は五木。

会社で女の子と電話をしています。

色んな女の子を口説いていることが判明。

 

6は弁護士の西条。
川野瀬との会話が盗聴されている。
やはり記者会見は依頼人の指示で、

川野瀬を藤堂新一と印象づけるためにやっている。

敵だということは明らか。

 

3は真一の上司の田島(ヒロミ)
田島本人の携帯電話が盗聴されている。
人事の田中に真一を売っていたことについて話をしている。

仲間ではなかった様子。

 

1は真一の母親。
公安の鬼塚と母親が電話で話している。
「新一は私とは血が繋がっていないから、連絡なんてよこさない」という趣旨の発言をしていた。

しかしその後新一がスピーカーを切ってしまったため、この発言が新一を庇ってのものなのか、本心は不明。

 

2と4は誰の盗聴かわからないが、

真一は聴かずとも

7が仲間はずれだ、と言う。

スピーカーは6番までしかない。

いつも7つの選択肢があった。

7は自分。

 

自分以外はみんな敵だということが盗聴で分かった。

 

7が仲間外れだ、

と予想して7番を押すと、

悲しいがドアが開いて脱出できてしまいます。
スポンサーリンク


 

「そして誰も」ネタバレ5話は?ポインター

脱出すると、

ポインターで真一の心臓を離れたビルから狙っている人がおり、

「このまま殺されるか」

「ビルから飛び降りるか」

と真一のいる屋上にあるスピーカーから聞こえてくる。

 

真一は「第3の選択肢があるはずだ」と機転を利かせて言うと、

 

犯人が第3の選択肢を言う。

 

「さすが頭がいい」と犯人はいい、

「世界を一緒に孤独にしよう」と提案する。

 

真一は疑問を持つが、

日下が打たれる音がして人質にされていたため、

条件を飲みました。

 

 

「そして誰も」ネタバレ5話は?仲間…

日下のバーに集まったのは、

真一と脱出ゲームにいた謎の女と、

ガキの使いだった馬場と、

手を打たれた様子の日下の

4人。

 

みんなパーソナルナンバーがなく、

そのことで脅されているという。

 

カードがあると日下がいい、

見てみると、

「世界を孤独に。そのために、君たちは今から7つの罪を犯す」

と書いてある…

 

斎藤の遺体がなぜか持ち去られていたり、

ヘルパーがたまたま行った老人ホームで

ニセ藤堂真一の父と名乗る人がいたり…

謎は深まるばかりです。
スポンサーリンク

 「そして、誰もいなくなった」↓

好きなところを夏休みに見るのも楽しそう!

スマホで見るのもおもしろいですよ!

⇒「そして、誰もいなくなった」を無料で見る

 

⇒「そして誰も」5話ネタバレは?
⇒「そして誰も」5話犯人は?
⇒「そして誰も」5話感想は?

⇒「そして誰も」伊野尾の演技は?


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player