好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「好きな人がいること」6話たくみは?


「好きな人がいること」6話、急展開でした。

たくみが誰かがいつも気になっていますが、

「好きな人がいること」6話では誰がたくみとわかってきたのか

まとめてみました!

一緒に見てみましょう!!

スポンサーリンク


まずはストーリーのおさらいから。

6話たくみは?「好きな人がいること」ストーリー

パティシエの仕事に熱中して頑張る、主人公・美咲。
その頑張りは、4年間キスをせず、仕方を忘れるほど。

 

そんな美咲は働いていた店をクビになってしまう。
就職活動もうまくいかない。
そんなとき、初恋であり、レストランを複数経営する凄腕の柴山千秋と再会する。

 

 

 

千秋が、千秋の兄弟も働く、湘南のレストランに住み込みで働かないかと美咲を誘う。
美咲は迷った末、湘南のレストランで働くことに。
美咲に恋愛を楽しんでほしい後輩から、
「キスするまで帰らせませんよ」と恋愛まで応援され、

美咲は期待を高めて働き始める。
が、柴崎3兄弟の夏向に、邪険にされて…

だんだん仲良くなってきた3兄弟と美咲ですよね。

 

柴崎3兄弟のレストランseasonsをチェーン店に

しようとするカリスマが、

柴崎家の戸籍謄本を持ってきて、千秋を揺さぶっています。

 

「好きな人がいること」6話たくみは?

6話で分かったのは「たくみは夏向」だろうな、ということです。

CikjFapVAAAd6R5
千秋がカリスマに脅されて

「seasons」を売ることに同意し、

サインも苦しみつつ書きました。

 

あとで詳しく夏向、冬真、美咲に説明するつもりだったのでしょう。

 

先にカリスマが店に来てしまい、

seasonsを千秋が売る、ということだけばらしてしまいましたね。

 

冬真が

 

「兄ちゃんは秘密を守りたいからseasonsを売った」

「夏向と俺は本当の兄弟じゃないんだよ」

 

 

と言っていました。

 

ということは、

西島愛海は兄の「たくみ」を探していたのだから、

「夏向がたくみ」でほぼ決定となりそうです。

千秋がたくみと思っていたときも長かったので、

5話とのつながりも見えてきて、

「そうきたか~」という感じでした!

スポンサーリンク


 

 

6話でたくみだったの?「好きな人がいること」なぜ夏向だけいない?

「好きな人がいること」エンディングで、

柴崎3兄弟と美咲が海を眺めて座っている映像が流れたのですが、

夏向がぱっと消えましたね。

 

消えるなら、

同じく兄弟じゃない冬真も消えそうなものですけど、

なぜ夏向だけ消えるのかが気になります。

美咲までおいて急に家からいなくなることもないでしょうし。

 

 

6話、夏向がたくみ?愛海から何を聞いた?

冬真のところに西島愛海が訪ねてきて、

「助けて!」と言っていましたよね。

それで、冬真は

千秋に、千秋が秘密を隠していたことを言っていました。

 

冬真にしては珍しく怒っていましたね。

 

「愛海ちゃんを守りたい、千秋は敵」みたいに思ってる感じでした。

 

愛海は時間がないと、誰かに言われているみたいだったので、

冬真に何かいったのでしょう。

西島愛海の家にも何か言い分はありそうです。

来週が非常に気になりますね!!

スポンサーリンク


↓「好きな人がいること」

 

夏休みに一気に見るのも楽しいですよ。

スマホでも見れるので元気もらえます!



⇒「好きな人がいること」を無料で見る




⇒6話感想は?

⇒「好きな人がいること」たくみ、6話で誰だった?
⇒「副音声」やり方は?
 


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player