好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「そして誰も」5話感想は?


そして誰もいなくなった」5話まさに怒涛の展開でした!

そして誰も5話感想をまとめました。

感想見るだけではらはらする展開です~(笑)

スポンサーリンク

5話感想前に「そして誰も」ストーリー概要は?

「そして、誰もいなくなった」は、

藤原竜也演じる主人公の藤堂新一が何者かに人生を乗っ取られるサスペンスです。

 

元小説「そして誰もいなくなった」で、1939年に刊行された、

かの有名なアガサ・クリスティの書いたベストセラーですね。

 

「そして誰もいなくなった」原作は、

孤島から出られなくなった10人が1人ずつ殺されていくというクローズド・サークルの代表的作品であるとともに、

「童謡殺人」(見立て殺人)の代表的作品でもあります。

 

全世界で1億部以上を売り上げ、

その評価はアガサ・クリスティ作品中でも特に高く代表作に挙げられます。

 

ドラマ「そして、誰もいなくなった」では、

マイナンバー制度、システムをめぐり「藤堂新一」という

名前、クレジットカード、個人情報すべて乗っ取られて使えなくなり…

という恐ろしい展開が起こっていっています。

 

 

「そして誰も」5話感想は?出頭断念?

親友に恨まれてナイフで刺されそうになるのを

正当防衛して、

代わりに親友を刺してしまった藤堂真一でした。

 

激しく動揺しながらも、バーテンダー日下に話すうちに

冷静さを取り戻し、

出頭しにいくことに決めましたね。

 

 

その瞬間、

ばーーーっと煙が出て、

催眠ガスが入っていたのでしょうか。

真一が先に倒れ、日下の

「藤堂さん!」の声を最後に、意識を失ったようでした。

 

目をあけると一面真っ白な壁にベッド。

その上に真一は寝ていましたね。

 

ここまでで、日下の家で煙が出てきたんだから、

日下の自作自演なんではないかと思ってしまいますよね。

 

 

「そして誰も」5話感想は?ゲーム?

起きると、

脱出ゲームのように壁に数字を入力、エンターキーが押せる

仕組みがあり、

謎の女の服に髪が挟まってましたね。

 

女は結局パーソナルナンバーをもっていませんでしたが、

真一が謎を解くたびに、わかってるんだ変わってないんだか不確かなようね

助言をしていたし、

女の服に紙がはさまっているなんておかしい設定だし、

特に仲間にも見えないので、

このゲームを作った人の仲間なんだろうなと感想を持ってしまいました。

 

 

ゲームですが、

数字の得意な真一に軽く数学問題を解かせていき、

スピーカーが最後に並んでいて、

それも問題に関係していると。

 

愉快犯なのかな、とも思ってしまうような作りこみようでした。

真一が頭がいいから、冴えすぎの回答で、

スピーカ―6つは誰が味方かを当てるゲームだ、ということに気付くんですが、

普通の人なら理解不能でゲームオーバーになりますよね。

 

スピーカー一つずつから、電話しているのが聞こえてきて、

親も友達も先輩もみんな自分の敵だとわかる。

これはかなり心理的に追い詰められるだろうな、

と思いました。

 

5話、ただ、回りくどすぎる気もする…

 

視聴者は真一と一緒に謎を解いていくゲーム感がとてもワクワクしましたが…

 

もし自分の立場なら本当に勘弁してほしいですよね。

スポンサーリンク

「そして誰も」5話感想は?

ついに真一が脱出ゲームのようねものから脱出すると、

ポインターで心臓を狙われ

屋上から落ちるか撃たれるか選択肢を迫られる。

 

かなりきつい状況なのに、

真一の超スーパーキレキレ頭脳で、

3番目の選択肢があるはずだ、

と真一は言うんですよね!

 

ほんとにさすが真一!と思いました。

 

真一が迷っていると日下の声がしたんですが、

日下が打たれる様子…

 

ここで、思ったのは、「日下が犯人と2人一役をしているんじゃないか」

「もしくは日下と犯人はグルなんじゃないか」ということですよね。

 

「そして誰も」5話感想は?チーム結成?

 

真一は日下を救えたようで、

バー「KING」に集合。

なぜか馬場と、脱出ゲームにいた謎の女、

そして、手を打たれて半泣きの日下さん。

 

4人はパーソナルナンバーをもっていない仲間でしたね。

やけに冷静な人たちが集まる仲間でしたね。

 

パーソナルナンバーがなぜ馬場と、脱出ゲームにいた謎の女はないのか

スト―リーも気になるところですが、

5話ではとりあえず仲間になるようでしたね。

 

馬場も謎の女もパーソナルナンバーがなくて脅されて、

裏方をしていた様子ですね。

 

「世界を孤独に。そのために、君たちは今から7つの罪を犯す」

というメッセージを4人は見て、

これから罪を犯すようですね。

 

怖いですが、

視聴者的にはおもしろいという感想です。

 

このようなカードと展開をどれだけ、考え込んだものにしてくれるかが非常に楽しみです!

 

斎藤の遺体(?)がなぜ消えたか、

真一の母がなぜおびえていたか、

ニセ藤堂新一の父という人も気になります!

 

ハラハラしますが、6話を楽しみに待ちたいと思います!

スポンサーリンク

 「そして、誰もいなくなった」↓

好きなところを夏休みに見るのも楽しそう!

スマホで見るのもおもしろいですよ!

 

⇒「そして、誰もいなくなった」を無料で見る

⇒「そして誰も」5話ネタバレは?
⇒「そして誰も」5話犯人は?
⇒「そして誰も」5話感想は?

⇒「そして誰も」伊野尾の演技は?


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player