好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「家売るオンナ」原作は狭小邸宅?



家売るオンナ原作はないと言われていますが、

狭小邸宅」という小説が原作ではないかと言われています。

家売るオンナ」の原作が本当に「狭小邸宅」なのかどうか

見ていきましょう!

 

スポンサーリンク


まずは「家売るオンナ」あらすじから見ていきましょう。

 

原作は狭小邸宅?「家売るオンナ」ストーリー概要

 

 

主人公三軒家万智は、天才的不動産屋。

 

テーコー不動産屋新宿営業所のチーフとなりました。

 

彼女の仕事であり、最大の目的は「家を売る」こと。

 

 

そのためには手段を選ばず、

社員同士の仲良しごっこはいりません。

 

 

 

そんな三軒家万智が、

人生最大の買い物「家」を、

ある時はダイナミックに、

 

 

ある時は感動的な演出をして、

 

 

売りまくるという話です。

 

 

万智のいうことは筋が通っていて、

ある意味納得できたり、

 

 

「ものを買う」人が

どんな心理でものを買うのか、も勉強になるドラマですね。

 

 

家を買うお客様として、毎回いろいろなゲストが出てきて、

三軒家万智から家を買っていきます。

 

 

「家売るオンナ」原作は「狭小邸宅」?

「家売るオンナ」の特に第1話は、新庄耕さんの「狭小邸宅」なのではないか

と言われています。

狭小邸宅は第36回すばる文学賞を受賞した小説です。

 

41mXxhdl64L
 

 

すごくおもしろいけど後味が悪いという感想の多い小説です。

作者も「家売るオンナ」と似ているというような

ツイートをしています。

 


新庄さんには今のところなんの連絡もないらしいです。

 

どちらも不動産あるあるで構成されている話ですから、

 

不動産屋で聞き込みをして作った、

と言われればそれまでかもしれませんね(;^_^A

 

スポンサーリンク

「家売るオンナ」の原作?「狭小邸宅」ストーリー概要

「狭小邸宅」ストーリーを見てみましょう。

 

不動産業は、「家が売れるか売れないか」、

で価値がすべて決まるため、

就職の時の面接でなく、

入社してからが面接のようなもの。

 

上司は教育する術も知らないので、

家が売れないやつはやめさせられる、そんなところが不動産屋。

 

 

 

「狭小邸宅」の主人公、

松尾は恵比寿に本社を構える不動産会社に勤務する新人サラリーマン。

名門大学に入学するも、行き着いたのは不動産営業。

 

 

 

学歴も特別な能力もいらない。

 

家を売って売って売りまくるのが評価のすべてという世界。

 

 

 

「お前は売れない」と罵倒され続けて来た松尾に転機が訪れる。

「蒲田の狭小住宅」。

それは、社長が総会で「どうにかして売れ」と怒鳴っていた物件だった。

 

売りさばいた瞬間、松尾を取り巻く周囲の扱いが変わる。

 

「伝説の営業マン」豊川課長の下で頭角を現していく松尾。

 

戸建住宅を売るためのシナリオを頭に叩き込み、

「まわし」を見せながらじわじわと客に「本命」の購入をしむけていく営業シーンも圧巻…

 

 

 

 

「てめえ、冷やかしの客じゃねえだろうな。その客、絶対ぶっ殺せよ」(買わせろということ)

「はい、絶対殺します」中田は静かに答えた。

 

 

お前らは営業なんだ、売る以外に存在する意味なんかねぇんだっ。

売れ、売って自己表現しろっ。

こんな分かりやすく自己表現できるなんて幸せじゃねえかよ。

売るだけだ、売るだけでお前らは認められるんだ。

こんなわけのわからねえ世の中でこんなにわかりやすいやり方で認められるなんて幸せじゃねえかよ

 

 

「松尾 、未公開物件あるから 、サンチャの駅前でサンドイッチマンやれ 」

 

 

 

「おい、お前、今人生考えてたろ。何でこんなことしてんだろって思ってたろ、

なぁ。

なに人生考えてんだよ。てめぇ、人生考えてる暇あったら客みつけてこいよ」

 

 

 

「狭小邸宅」の家を売らせる敏腕課長が「家売るオンナ」三軒家チーフのモデルで、

 

「狭小邸宅」主人公松野が「家売るオンナ」の庭野くん、といった感じ

 

ですね。

 

「狭小邸宅」の罵声をあびせる課長と、

三軒家チーフの「GO!」と売り込みに出かけさせる様子を重ねている感じはありますね。

 

 

 

「家売るオンナ」第一話と「狭小邸宅」どこが似てる?

 

「家売るオンナ」2話以降は「狭小邸宅」と離れていくのですが、

1話が似ているといわれています。

 

 

庭野くんが初めて三軒家チーフと家を売りに行ったとき、

 

 

「不動産屋は地図を見ない。幹線道路ではない誰も知らない裏道を使う。

客はこんな裏道も知っている人は物件のある街も詳しいと思う。

そして不動産屋を信頼する、その人の言うことなら信じてみようと思う」

 

 

と言って細い道を車で通っていましたよね。

 

そこも「狭小邸宅」の中に書かれています。

 

 

家を買わずに見学ばかりする老夫婦に、

 

三軒家チーフは嘘の客を呼んで、

家を買わせようとしていました

よね。

 

この演出も「狭小邸宅」にあります。

 

イモトアヤコさん演じる白洲に

サンドウィッチマンをやらせますが、

そこも「狭小邸宅」にあります。

 

 

「家売るオンナ」原作は狭小邸宅?まとめ

「家売るオンナ」原作は狭小邸宅なのでしょうか。

不動産あるあるを詰め込み、

2話以降は話がずれていきますから、

どうともいえませんね…

 

「狭小邸宅」は後味が悪い(文章がうまいからわざとであろう)

ですが、

「家売るオンナ」は今のストーリー展開上、

ハッピーエンドになってほしいと勝手に願っています(笑)
スポンサーリンク
見れるうちに「家売るオンナ」無料で見ておくのもいいかもしれませんね~

夏休みに一気に見るのもいいですね(^^♪

スマホでも見れるのでおもしろいですよ!
見逃した時に私も見ましたが、画像もきれいでした~(^▽^)/↓

 

⇒「家売るオンナ」を無料で見る

⇒「家売るオンナ」三軒家チーフ過去、最終回予想は?
⇒「家売るオンナ」三軒家チーフ自宅のロケ地は?
⇒「家売るオンナ」庭野時計ブランドは?


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player