好きなドラマのこと、もっと深く知って、毎日を楽しみましょう~(^^♪

menu

ドラマの「誰?」「気になる」を楽しめるのはここ?

「下剋上受験」実話が気になる。合格校は?



深田恭子さんがお母さん役をやることでも話題になっている「下剋上受験」今からどんなドラマになるのか楽しみですよね。

このドラマ、実は実話からできてるんです!!原作本もあり、桜井信一さんが書かれた「下剋上受験」からこのドラマは作られています。

実話の合格校はどこなのか?気になるところですよね。

 

これから中学受験シーズン。実際にお受験真っ只中のご家庭も多いですよね。1月からの開始のドラマなので、

2月の中学受験終了後にドラマのラストが判明します。それは受験生にはよかったかもしれないですよね。

少し調べてみました。

スポンサーリンク

実話の合格校が気になる「下剋上受験」あらすじは?



歴代中卒一家の桜井家。もちろん中卒の信一は、

中卒の香夏子と結婚して佳織が生まれ5年生になろうとしていました。

学歴とは無縁と思っていた桜井家に、佳織の統一模試の結果で衝撃が走ってしまいます・・・。

 

わが娘佳織はそんなに頭は悪くないだろうと思っていた父信一でしたが、

散々な結果に落胆する信一なのです。

 

それに加えて信一の会社の高学歴の新入社員を見て、

学歴が与える将来への影響を無視せざる得なくなってしまったのです。

 

そこで塾に入れることも考えた信一でしたが、

自分で佳織を合格させようと決めるのです!!

 

愛情あふれる中卒の父と、その気持ちに答えた娘の物語です。

『マルモのオキテ」の父親役の印象の強い阿部サダヲさんが信一役をやられます。

 

阿部さんの出演作で面白くないものはない!!というくらい裏切らない演技ですよね。


『下剋上受験』実話の合格校は?


原作では、第一希望として桜蔭中学校を目指していました。

偏差値40くらいから、桜蔭を目指すなんてとんでもないことですよね。

 

桜蔭といえば女子高NO1の進学校です。高校入学で生徒を取らないことから、

完全中高一貫性と言われています。

 

4人に1人が東京大学に行くほど、優秀な学校です。有名人でいうと、

菊川玲さんが卒業生です。

 

菊川さんは才女として有名ですよね。実話では、

最後の最後まで桜蔭の過去問題をやっても半分程度しか解けなかったそうです。

 

佳織も志望校を落としたいと懇願したそうですが、父はそれを認めなかったようです。

 

最終的には、桜蔭はご縁がなかったようですが見事に合格したのが豊島岡女子中学校。十分優秀な学校です。

東京大学に毎年10名程度出していて、優秀な進学校であることは確かです。

 

偏差値40の子が、偏差値70超える豊島岡に自力で合格するとは、考えられないほどすごいことですよね。

現在は豊島岡に通いながら医師を目指しているそうですよ。

スポンサーリンク

実話の合格校が気になる『下剋上受験』見どころは?


現在中学受験をする子供たちは全体の8%と言われています。全国的な見方なので、

主要都市で考えるともっと多いことでしょう。

 

中学から6年間子供たちの好きなことを集中してできるからと受験させる家庭も増えてきました。

また共働きが多くなったことで、世帯収入が増えたこともあるでしょう。

 

子供のお受験といえば、小学校受験のドラマは過去にあったと思います。

1994年に放送された『スイートホーム』。

最近では杏さん主演の『名前をなくした女神』などいくつか放送されています。

 

しかし中学受験に注目したドラマはなかったのではないでしょうか?


これからお受験シーズンに入るにあたって始まる『下剋上受験』受験生たちに向ける

エールになればいいですよね。

スポンサーリンク


 

 

 


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player