「下剋上受験」の進学先は豊島岡!ここ、調べてみたらこんなことになっていたw

「下剋上受験」、おもしろいし努力はやっぱ感動しますよね♪

この「下剋上受験」ですが、娘さんの進学先が豊島岡という情報が出ていますが、ここ、詳しく調べたら結構おもしろいことになっていたんです!

ファンとしては結構知っておきたい部分ありますよね(^▽^)/

詳しく見ていくと、ドラマももっとおもしろく見られるはず♪

「下剋上受験」の進学先は豊島岡!ここ、調べてみたらこんなことになっていたw、一緒に見ていきましょう♪

スポンサーリンク

 

進学先が豊島岡だった「下剋上受験」のあらすじはこんな感じ!

昔、不良の端くれで勉強もあまりせず、中卒で働きだした桜井信一は今となってはひょうきんで口が達者な下町の熱いお父さんです。

そしてお母さんはというと、気が強く可愛い妻・香夏子と一人娘の佳織と家族三人で暮らしていました。

学歴はなくて貧乏な生活で苦労はしても、可愛い娘がいるし幸せな毎日を送っていました。

しかしある日、佳織は受けた全国テスト結果を見た両親。結果は最悪だったのです!!

この結果に不安が襲ってきた信一。

自分が中卒で苦労しているだけあって、「娘だけは絶対に苦労をさせない!幸せにするんだ!!」

という思いから、娘に中学受験をさせエリートにする決意をし、塾へも通わせず、信一自ら教えるという無謀なことを始めるのでした。

信一が塾に通わせないのにはどんな理由があるのか気になりますね~。

普通だと塾に通わせたりするんですけど、ここに何か信一の思いがあるのかもしれませんね。

そして、偏差値41の娘、佳織と父の信一とともに最難関受験を目指す実話に基づき作られたもので、ドラマの放送前からもう話題になっていて、反響を呼んでいるようです。

受験を控えている人もモチベーションが上がる物語ですね!!

 

「下剋上受験」進学先の豊島岡は東京にある女子高なんです!

正しく言えば豊島岡とは、主人公である桜井佳織が、夢を見て日々目標にしている学校であり、そのモデルとし語られている学校です。

このモデルとなっている学校はどうなっているのかということをここでは、じっくりと時間をかけていき知ってもらえたら嬉しいことです!

そんなことを読みながらどんな思いでこの人は、こんな風に書いているのかなどと思ってもらえながら、読んでもらえたら幸いです(笑)

 

まずこの学校の基本情報を、列挙していきたいと思います!

この学校がどこにあるのか?大変気になってしまうので、調べたデータによると…!!

 

この学校の所在地は、東京都豊島区池袋1丁目25番地22号。

最寄駅は池袋駅です。

創立年は1892年です。

 

普通にある共学ではなく、一般的な私立女子中高一貫校です。

偏差値は72!!

高いですね~!!

 

「下剋上受験」進学先の豊島岡、行事がおもしろすぎるw

この中学校は実際にどんな感じなのか、中身を紹介していきますね!

 

 

毎朝8時15分の合図とともに、全校一斉に静寂の時がくるということで、

各自が用意した1mの白布に赤糸をひたすら通す「運針」が始まります。

静かに針を布に通す時間は他の学校が「読書タイム」などで心を落ち着かせて授業を開始する、というのに通ずる部分がありますね。

すごいオリジナルな文化ですよね。

昨日の続きを朝する、という「運針」は心を鍛えてくれるようですね。

こんなこと佳織ちゃんもやったんですかね~(^^♪

 

 

お金も気になると思いますが、入学金が22万円納入と、中学一年生で、+授業料42万円の納入、それに加えて設備費が、15万円とその他のお金、¥273840かかるということですね。

 

 

中学校の年間授業コマ数は、50分×1260コマということで、土曜日も昼まで授業がありますし、優秀な学校ですよね、やっぱり!

スポンサーリンク

 

 

進学先の豊島岡について分かった「下剋上受験」、見どころはこれだ!

深田恭子さんの薬指に指輪!

ドキッとしてしまいます(笑)

お母さんぶりがやっぱり楽しみじゃないですか?びんた炸裂ということで結構ふわっとしてなくて厳しいところも見られそうですし。

子役の娘さんはこれから注目されていくでしょうし、元気をもらえそうな気がします!!これからの展開を楽しみにしていきましょう~!!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です