「東京タラレバ娘」 キャスト、 批判がこんなことにw



人気漫画家・東村アキコの『東京タラレバ娘』が日本テレビ系でいよいよドラマ化されることになりました。

2017年1月18日(水)よる10時からスタートです!!

 

主人公の鎌田倫子役が吉高由里子に決まった時は、「イメージと違う」という指摘が見られました。

そんな中、追加キャストが発表されましたが、またもや非難の声があがっているようです!!

今回は、「東京タラレバ娘」 キャストの批判について調べてみました。

それでは、見ていきましょう。

スポンサーリンク

キャストの批判が気になる「東京タラレバ娘」あらすじは?

キャストの批判が気になりますが、まずはあらすじから見ていきましょう!!


主人公の鎌田倫子は高い理想を掲げ根拠もない仮定の話ばかり積み上げていきました。

主人公・脚本家の鎌田倫子は、

「〇〇がもう少し〇〇だったら・・」

「あの時〇〇すれば・・」

タラレバを言い続け、気がつけば30歳、独身のままだった・・。

彼氏もいない、仕事もイマイチな倫子は、親友の香と小雪と「女子会」に明け暮れる日々・・

そんなある日、金髪のイケメンKEYに言い放たれた一言が「このタラレバ女!」

「あれ?もう私たちってお呼びでない?」

「本気出せば彼氏も仕事も手に入れられるんじゃないの?」

しい現実を突き付けられ、急に焦りを感じたアラサー女子3人・タラレバ娘たちが、もがきながらも幸せに向かって突き進みます!!


スポンサーリンク

「東京タラレバ娘」 キャスト批判 コレじゃないw

どうやら、追加されたキャスト「コレじゃない」「なんか微妙」「ミスマッチ」などと言われているようです。

ここで、批判を受けている追加キャストを紹介しておきます。

山川香役を演じるのは、榮倉奈々さんです。

小雪を演じるのは、大島優子さんです。


KEYを演じるのは、坂口健太郎さんです。


早坂を演じるのは、鈴木亮平さんです。


みなさん、今もっとも人気のある方ばかりだと思うのですが…。

 

「批判しかない」と言ってもいいくらいのレベルですね(笑)

まず、小雪は身長低くないです。キリッとした顔立ちなんです。

 

もう、これだけで大島優子さんは違いますよね。倫子と香も合わないけど、その中でも抜群に合わないのは小雪だと思います。

あと、早川さん! ナヨッとして細くて優しそうなイメージですが、鈴木亮平さんて凄くマッチョですよね…。

イメージや体格がまるで違います、違いすぎて違和感があります。

「東京タラレバ娘」 キャスト批判 年齢の若返りw

いろいろキャスト批判がありますが、その中でも年齢の若返りもあると思います。

原作コミックの『東京タラレバ娘』では、主人公・倫子を始めとしたメインキャラ3人の年齢は33歳です。

しかし、今回のドラマの年齢設定は30歳!!

たった3歳じゃない、と思われるかもしれませんが、されど3歳です。 アラサーというのは、この3歳でどれだけ違うのかはっきりと分かります!


新卒だと仕事を始めて10年、高齢出産とされる35歳まではあと2年。

35歳までに出産したいと考える女性は多いので、交際から結婚、出産までの期間を考えると2年という数字のシビアさが刺さるんです。

 

33歳という年齢設定だからこそ、悲壮感とか焦りがあんなにリアルに出るのに、どうして30歳にしてしまったのでしょう。

今は晩婚化が進み、29〜30歳で結婚するカップルが多いんですよね。

30歳で未婚というのは今や普通なんですよ。全然います、多いくらいです。

若返らせないで欲しかったですね。 キャストに合わせて年齢を変えたからギャップが出てきたんですよね。

「東京タラレバ娘」 キャスト批判 誰ならよかった?

結婚や仕事に焦るアラサーを描いた漫画なので、”タラレバ娘”は30オーバーの女優さんに演じて欲しかったですね。

プロの女優さんたちなので上手く演じると思いますが、キャストが20代だと結婚への焦りとか取り残されていく不安とか、ちゃんと伝わるのでしょうか。

倫子役は、深津絵里さんが良かったですね。 年齢的にもぴったりだと思います。


小雪役は、やはりタンポポの白鳥さんでしょう!!

事務所や予算など、大人の事情があるのも分かりますが、それでも、このキャスティングは違っていたのかなぁと思ってしまいますね。

キャスト批判が多いですが、もちろん応援している方もたくさんいるので、撮影頑張ってほしいです。

キャストの批判が分かった「東京タラレバ娘」見どころは?

リアルに近い恋愛模様を描く、ドラマ「東京タラレバ娘」

このドラマの見どころは、倫子と香と小雪がそれぞれの恋愛模様や人間関係がどのように展開していくかというところではないでしょうか?

「タラレバ」ばかり言っていた独身アラサー三人が、いろんな経験を経て、最終的にはどこに行きつくのか、独身のままなのか?

いろいろ気になる部分はありますよね。原作を読んでいる方も楽しむことが出来るドラマになっているのか…。

この三人の恋愛事情は今の女子たちにもありそうな内容だと思うので共感しやすいドラマだと思います。

特に独身アラサーの女子は共感できる部分が多いのではないでしょうか?

独身でなくとも、うなずける部分はありました。

私も少しだけ原作を読みましたが、読めば読むほど世の中に溢れている女子事情や感情に頷けるところがたくさんありました。

「東京タラレバ娘」pufume主題歌の初回限定版ってどうなのでしょうか?見てみてもおもしろそうです♪↓

⇒「東京タラレバ娘」主題歌TOKYO GIRLを見る

「東京タラレバ娘」原作はいかが?

いろいろお得になっています(^^♪

⇒「東京タラレバ娘」全巻セットを見る




このドラマを観て、たくさんの女子が「タラレバ」を言わずに、前向きに、そして目標をもてるような、素敵なストーリーになっていると思います。

来年の一月が待ち遠しいですね!!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です